スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

映画おくりびとと3本供養

昨日DVDで、おくりびとを見ました。納棺師というお仕事を通して垣間見る家族のあり方、死と生命の大切さ。日本人の死生感を上手く表現している良い映画でした。

映画の中で、火葬場に勤めているおじさんで、(棺を火葬するお仕事の方でした)

「死というのは、門なんだなぁ。死というのは終わりではなく、門をくぐってあちらの世界に行くことなんだ。私は、門番なんだ。あちらに行く人を快く送り出すための役目なんです。」

・・・・うろおぼえで、台詞全く違うかもしれない(汗違ってたらすみません~^^

このせりふを聞いたとき、日本人の死生感って、皆どっかにこういう感覚を自然に持っているんじゃないだろうかと思いました。(キリスト教の方は別にして)もちろん、死んだら終わりという考え方の人もいるでしょうけれど。

この映画が大ヒットしたのは、大切な事に気がつき始めた人達が増えて来ているのではと感じましたし、外国でも評判が良かったのは、以外でした。

納棺師の主人公は、はじめ、周りの方達の理解が得られず苦悩しますが、死=穢れと思っている人々が多い為に、こういう職業の方達は、理解が得られないんだなと・・・・・。
伊勢白山道の昨日の記事にあったように、日本神道が、死を穢れとして切り離した為に、差別的な扱いを受けてしまわれるんだろうなぁと思いました。

ネタばれになっちゃうので、映画の内容は、このぐらいにしますが(笑)

伊勢白山道のシンプルに亡くなった方達へ感謝だけを捧げる供養方法と、この映画の亡くなった方への尊厳と感謝の気持ちが共通しているなと思いました。

この映画が、去年出てきたのも、きっと偶然ではないんでしょうね。

良い感じだと思いますよ日本人!^^



人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

2009/06/05 14:56 | 3本供養COMMENT(4)  TOP

お墓と3本供養

我が家の墓は、遠い北海道の地にあります。母方の墓にいたっては、礼文島にあります。
毎年墓参りなんて、とても行けません。だから、毎年お彼岸の頃やお盆の頃は、ご先祖様に申し訳なかったですね。

3本供養をはじめてから、本当に初めて、墓参りしなくても、気にならなくなりました。伊勢白山道に、リーマンさんに心から感謝です。

明治維新で、神道と仏教が離された訳ですが、時の権力者は、なぜこんな事をしたのか、もちろん、何か意図があるんでしょうね。ご神意が働いたのかもしれませんが。政府は、脱亜入欧を目指していて、神道を優遇したいが為の神仏分離令だったようです。

友人が白山へ行った時十一面観音様がお祭りしてある観音堂のある寺に寄った所、明治維新で廃仏棄釈になった仏像が、ごろごろ打ち捨ててあったそうです。首が切られていたらり・・・・。

政府は、廃仏毀釈は、意図したのでは、無かったようですが、民間の運動が凄まじかったようですね。なぜかといえば、僧侶の汚職や破戒坊主が山のようにいて、民衆の怒りが収まらなかったのがその理由になっています。
ウィキペディア廃仏毀釈

もし浄化の意味で、このような運動が起きていて、仏教が無くなっていたら、ご先祖供養は、どうなっていたんだろう・・・なんて(笑)妄想ですね。

伊勢白山道が、太古からある本来のご先祖供養のやり方に戻してくれているのなら、私はこのやり方に出会えてありがたいです。

私もお墓に入る気は、ないんですが、海に遺骨撒くと法律違反でしたっけ?(笑)

毎日ご先祖供養が出来ることに心から感謝しています。


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ






テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

2009/06/04 17:03 | 3本供養COMMENT(14)  TOP

自分供養

(伊勢白山道コメント欄より、リーマンさんコメント抜粋)

・・・自分に対して感謝する必要が有るのです。
過去の自分が居て、今の自分が居るのです。
あなたが昔、悩んだときに自害していれば、今のあなたは居ないかも知れません。
その時の自分に感謝してあげるのです。


今日は、久しぶりに自分供養をしました。

ふと、やりたくなってしたのですが、その時に思い出した自分は、恋愛でとても苦しんだ自分が、当時の映像を伴って出て来ました。

その時の自分の感情が、伝わって来て、過去の私を抱きしめてあげたくなりました。

よくがんばったね。独りでつらかったでしょう・・・・。もう頑張らなくていいからね。あなたは、独りじゃない
と、線香をあげた後、心の中で、つぶやいていました。

その後、上記のコメント欄を読みました。私のことを、指しているようで、びっくりしましたね・・・・・。

当時、ホントに死んでしまおうかと言う苦しみようでしたから。

今、此処で、ブログを書ける自分がいて、本当にありがたいと思います。過去の苦しくても頑張った自分へ、本当に、感謝します


自分供養恐るべし!ですね


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

2009/04/06 22:53 | 3本供養COMMENT(8)  TOP

ご先祖様と私

子供の時から、この世の中が怖いと感じていた子でした。
両親は、クールなタイプで、余り子供の気持ちを汲み取る事が、出来ない人達で、それが私の不安や恐怖を益々煽る事になったのかも知れないです。
思春期は、中学までは、普通でしたが、高校で登校拒否をして親を困らせました。

20代は、アルバイトを転々としては、自分が生まれた意味を探していた所に30代で精神世界との出会いがありました。 祖母の自殺もかなり影響してたと思いますが、現実逃避がしたかったんですね。自分の人生が上手く行かないのは、なぜなのか。この不安感は、どうしたら消えるのか。
結局は、今、生かされている事に何も感謝が出来ず、青い鳥を外へ外へ探していました。

かなり転んで痛い思いをして伊勢白山道に出会い、とにかく当たり前の事に感謝をする事、青い鳥は、自分の中にある事に気が付きました。
転ばなければ、伊勢白に出会ってないと思いますので、後悔はしていません。

あんなにあった不安感や恐怖は、どこに行ったのかな?(笑)というぐらい感じる事が無くなりました。

自分が今、この肉体を、この家系を選んで生まれる事が出来て、命のバトンで繋がって来た沢山のご先祖様の生きた証が、私という人間で、本当に良かった。心からありがたいと思います。

生かして頂いてありがとうございます。

人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

2009/03/02 22:50 | 3本供養COMMENT(10)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。