スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

生きる

友達のお母さんが、今年の8月に白血病で入院。

彼女は一人っ子なので、仕事に行きながらお母さんの面倒を見ていました。

仕事に行きながら、お母さんの介護をし、夜中に病院から呼び出され、家に帰れば家事をこなし。
お父さんも家事を手伝ってくれた様ですが、すべてというわけにも
いかなかったので、とうとう限界になり、彼女は、仕事を一旦休職しました。

そして今度は、お父さんが直腸がんになってしまいました。

私には、掛けて上げる言葉がありません。

でも、彼女が私に言った言葉は、

「今で良かったと思ってる。私がもっと年を取って、家族を持っていたら、全力で見てあげることが、出来ないと思うし。私は幸せだと思う。」

彼女は、まだ20代後半の女の子です。
とても誠実で、思いやりのあるいい子です。

現実面での不安は、計り知れないだろうに、彼女は開き直ったと笑っています。

出来ることは、全部やる。

私が彼女に言えた事は、区の福祉事務所を訪ねて、生活保護が受けられるか相談する事と、はげますぐらいしか出来ません。

今まで、ピンチになっても、奇跡のように切り抜けてきた彼女の事ですから、必ず乗り越えられると、私は、心から信じています。

彼女が、家族一緒に、心から笑える日が来ます様に!!


もし賛同していただけたらポチっとお願い致します。




スポンサーサイト

2008/11/20 22:57 | つぶやきCOMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。