スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

野口健さん








野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。

幼少期はエジプト、中等学校時代はイギリスで育った。亜細亜大学国際関係学部卒業後、青森大学大学院環境科学研究科で環境教育学を専攻。現在は了徳寺大学客員教授。

中華人民共和国によるチベットへの人権侵害、環境対策など、中国に対して批判的な意見を自身の公式ブログに載せていることでも知られる。過去に右翼思想に傾倒し右翼団体に在籍、街宣車に乗っていた[要出典]こともある。

元外交官の野口雅昭とエジプト人の母との間に次男として生まれ幼少期を海外で過ごす。両親は野口が小学生のころに離婚している。その後、両親は共に再婚している。商社に勤務する兄(長男)の他に、母方の異父兄弟が二人いる。

父の雅昭は会津若松出身でイエメン大使、シドニー総領事、チュニジア大使などを務めた元外交官。現在は京都文教大学教授。祖父の野口省己は陸軍大学出身で太平洋戦争時、ビルマ作戦等の陸軍参謀だった。

少年時代

カイロ日本人学校の小学部から、イギリスの立教英国学院小学部に6年時に転校。同学院の高等学校在学中、本人の言葉によれば“落ちこぼれ”の不良生徒であり、学校の先輩と喧嘩をして一ヶ月の停学処分を受ける。停学中の一人旅で植村直己の著書と出会い登山を始める。亜細亜大学へ一芸入試で合格する。

七大陸最高峰の最年少登頂達成
亜細亜大学入学後から、世界の名立たる山々へ挑戦を挑み、各地で最年少登頂記録を樹立する。大学卒業前の1999年、25歳の時に世界最高峰エベレスト(ネパール名サガルマータ)にネパール側から登頂し3度目の挑戦で七大陸最高峰の世界最年少登頂記録を更新(当時)。なお、大学には8年間在籍している。

南極最高峰ビンソン・マシフ挑戦を前に、かつて植村直己のドキュメンタリーを多数製作していた大阪の毎日放送の取材が始まり、以後、野口のドキュメンタリー番組が立て続けに放送される。なお野口はそれらの番組において、危険な仕事を強いられるネパールの山岳民族シェルパ族の命が先進国の登山隊によって軽んじられている実態を告発している。

清掃登山の開始
1997年に初めてエベレスト(チベット名チョモランマ)にチベット側から挑戦した際、標高6500m地点で積極的にごみ拾いを行うヨーロッパ登山隊の側で、日本隊が捨てたごみをテレビスタッフと共に見つけ衝撃を受ける。その映像は「汚された最高峰」として、毎日放送の同行記者榛葉健が「筑紫哲也ニュース23」やJNNなどの報道番組で問題提起を行った。これはチョモランマ(エベレスト)に多くの登山家がごみを放置している実態をテレビで告発した世界初の報道となった。

野口はこの経験を皮切りに環境問題への意識を強く持つようになり、その後もエベレスト、マナスル、富士山などの清掃登山を精力的に続けている。また、シェルパの遺族を救うシェルパ基金を設立。現在は、日本の国立公園や各地の山、講演会、自然教室などで「富士山から日本を変える」をスローガンに、環境問題の普及を提唱している。また、野口の活動を全面支援するNPO富士山クラブ理事。東京都レンジャー、富士山レンジャーの提案者であり、現在は名誉隊長を務める。

橋本龍太郎との出会い
2000年に橋本龍太郎と出会う。山岳清掃をおこなう野口の活動に登山家でもある橋本が興味をもったことが縁となる。同年、チョモランマ清掃登山を終えた野口は、1988年に「日本・中国・ネパール・チョモランマ合同隊」を率いた橋本隊の捨てたごみ(酸素ボンベ)を持ち帰り、橋本へ返還する。山にカラの酸素ボンベを置いて帰った不法投棄に対する深い反省と謝罪を示した橋本とはそれ以来親交を深める。

2003年7月に日本人女性と入籍。2004年2月に第1子(長女)誕生。

遺骨収集活動
2008年からNPO法人「空援隊(くうえんたい)」に参加し、主にフィリピンにおける旧日本軍戦没者の遺骨調査・収集活動を開始する。2005年にヒマラヤで遭難した際、死を覚悟して遺書を書き、「自分の遺体を故郷に帰してくれないだろうか」と考えた時、橋本龍太郎元首相から聞いた戦没者についての話を思い出したことがきっかけだったと述べている。(ウィキペディア)

野口健さんです^^好きなんですこの方。この経歴で、まだ37歳!大物です(笑)ちなみにツイッターで、フォロワーなんですが、まだ、フォローした事ないです。
とにかく、リーマンさんも書いてましたが、スケールの大きな方ですね。そしてなにより、地球にとって、とても役に立っている方だと思います。

野口さんの活動は、もっと大きくなるんじゃないでしょうか^^楽しみです!



人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

2010/08/21 01:33 | つぶやきCOMMENT(4)  TOP

生かされている命





山口 彊(やまぐち つとむ、1916年3月16日- 2010年1月4日)は、広島と長崎で2回にわたって被爆した「二重被爆者」の1人であり、2度の直接被爆が初めて認定された人物である

1916年、長崎県に生まれる。旧制中学校を卒業後、長崎三菱造船に入社し、艤装設計課で製図工として勤務する。

広島市と長崎市での被爆
1945年5月、山口は同年8月7日までの予定で広島の造船所に出張する。8月6日に広島市に原爆が投下されたとき、彊は職場への通勤途中であり、爆心地から約3キロメートルの江波駅にいた[3]ところ、被爆した。この被爆で彼は左鼓膜が破れ、左上半身に大やけどを負った。彊は妻と子供に会うため、山陽本線己斐駅から翌日の救援列車に乗って長崎へ帰った。

8月9日、長崎市に原爆が投下され、長崎三菱造船の事務所で再び被爆する。妻と子供も原爆の後遺症とみられる癌のため、2005年に息子が、2008年に妻がそれぞれ亡くなった。(Wikipediaより)


今日は、終戦記念日ですね。

上記の動画は、広島長崎で二重被爆された山口 彊さんの動画です。

山口さんは、息子さんを2005年に59歳でガンによって亡くされました。息子さんは生後数ヶ月の時、被爆したそうで、息子さんのガンはあきらかに被爆の影響だと原爆を落としたアメリカを憎んだそうです。

でも、長崎の被爆のマリア像を見たときに、マリア像から訴えてくるものがあり、山口さんは、クリスチャンではありませんが、原爆を憎んでも、アメリカ人を憎んではいけないと思ったそうです。

長崎には、沢山のキリスト信者さんがいらっしゃいますね。被爆地の浦上天主堂にあったマリア像も被爆しています。
キリスト教の国が、キリスト信者さん達を虐殺した訳ですね。・・・原爆は、はっきり虐殺です。戦場の兵士同士が、殺しあうのは、戦争ですから仕方ありません。でも、原爆は、一般市民を殺すのですから、人類史上最も悲惨な虐殺行為です。

息子さんが亡くなり、戦後60年、二重被爆した体験を黙して来た山口さんは、被爆した体験を語る為に生かされている命だと思い、それから、国内はもちろんの事、ニューヨークの国連でも自分の体験を話されています。

そうして、原爆をテーマにした映画を撮りたいと思っているジェームスキャメロン監督にも会いました。
キャメロン監督は、事実を描きたい。妥協は一切しないと言い、また、何の罪もない人々に原爆を使用した事は、恐ろしい事であり、あってはならない事だと・・・・。

キャメロン監督の作る映画が、山口さんをはじめとする、すべての被爆者の方々の想いが報われるような映画になって欲しいです。世界へ真実を伝えて欲しいと思います。

いまだに、アメリカは、子供達に原爆を落とした事は、正しかったと教えていますから、キャメロン監督が、ハリウッドで原爆の映画を作るには、かなりの反対と批判をあびるでしょうけれど、初志貫徹して欲しい。

キャメロン監督に会った2週間後、自分の役割を終えたとおっしゃって、2010年1月4日に93歳で亡くなられました。

山口さんは、生かされた命だとおっしゃいました。長崎の記念館で、アメリカ人の高校生達に、なぜアメリカを憎まないのかと聞かれ、人間には良心があるんだから、話せば判るんですとおっしゃっていました。

先の大戦で亡くなられたすべての方達へ、心よりご冥福をお祈りいたします。

生かして頂いてありがとう御座います



人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

2010/08/15 15:17 | 原爆COMMENT(2)  TOP

お盆




今日は、お盆初日ですね。

いつものように3本供養をさせて頂きましたが、8月という月は、ほかの月と比べて本当に特殊な月ですね。

戦争の事も重なり、毎年、命の尊さを特に考えさせられる月です。

今日の伊勢白山道の日記で、リーマンさんが見ていた特攻隊のテレビ番組、私も見ていました。

特攻隊の方が、亡くなる寸前まで打ち続けた通信とそれを最後まで傍受していた通信兵のおじいさん。

戦後故郷に帰れず、戦友を弔う為に鹿児島に残り続けているおじいさんの瞳は、亡くされた戦友の方達のお顔を

今でも見られているのだと思いました。

今日その後出かけたんですが、無料で戦争写真展をやっていました。

シベリア抑留の方達。満州からの引き上げ。そして特攻隊の方達が、そこに写っていました。

特攻隊の方達の写真は、すべて笑顔でした。本当にいいお顔で、皆さん笑っていました。

まさに、今から出撃するパイロットのコックピットには、死出の旅だと言う事で、花束が置いてありました。

そして、操縦席に座っているパイロットの方は、とても清々しい笑顔でした。これから、出撃して二度と生きて帰

れないその出発直前の写真です。

なぜ、笑えるのか・・・・。

家族を守る為。日本を守る為。自分が役に立てるその喜びと誇りから、笑っていらっしゃると心から感じました。

笑顔に嘘がないのです。

自分の死で、この国や家族を守れるなら、喜んで死のうと、心の底から思って死んでいかれたんだと思います。

・・・・そういう笑顔でした。ほんの65年前に起きた事なんですね。

あの、笑顔で亡くなられた方々の為にも、私達は、一生懸命生きないといけませんね。

生かして頂いてありがとう御座います


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2010/08/12 20:32 | お盆COMMENT(2)  TOP

お久しぶりです

約1年ぶりです。大変ご無沙汰しました(汗)
・・・更新は、すごくゆっくりになると思いますが、していきたいと思います。

今日は、原爆慰霊の日ですね。被害にあわれた全ての犠牲者の方々に心よりご冥福をお祈りいたします。
奇跡のリレーで生かされている事に心より感謝致します。

で、この動画は、小林よしのりさんの漫画を動画にしたものですが、先の戦争が、どういうものだったのか良く判りますので、載せてみました。

【小林よしのり】真実の近現代【日本史編】 History of Japan(ww2) 5/7


【小林よしのり】真実の近現代【日本史編】 History of Japan(ww2) 6/7


【小林よしのり】真実の近現代【日本史編】 History of Japan(ww2) 7/7


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

2010/08/06 09:34 | 原爆COMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。