スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

あれこれと。




すごい久しぶりの更新になってしましました。ゴールデンウィークは、あまりに精神的に揺さぶられすぎて、疲れてしまったので、書けませんでした。やっと復活してきたので、リハビリがてら書きます。

清志郎の告別式に先日行って来ました。献花をして、心からのありがとうを伝えて来ることが出来ました。

写真の清志郎は、ほんとうにいい顔で笑っていました。告別式ではなく、ロックンロールショーでしたので、会場はまるでライブでした。清志郎が、出てこない事が、不思議で・・・。

報道によれば、4万人来たそうですが、殆どの皆さんが、彼にありがとうを言いに来ていました。お葬式なのに、会場はとても暖かいものが流れていましたね。4万人の心からの感謝が、あの日の青山に一日中流れていました。

あんな歌手は、この先二度と出てこないでしょう。とても残念です。でも、とてつもなく大きなものを遺していってくれました。
これから書く清志郎は、あくまでも私の中の彼に対してのイメージですので、ご了承ください。

彼は一貫して、愛と平和ということにこだわり続けていました。その言葉だけ聞くと、ものすごい偽善者か、あやしい宗教になる可能性が大ですが(笑)お父さんを戦争で亡くしていること。お母さんの日記に戦時中の軍部に対しての恨みつらみが書いてあった事が、彼を反戦へと向かわせる動機になったそうです。ちなみに、彼は養子に出されています。

清志郎の自分自身に真っ正直な生き方そのものが、歌になっていましたので、彼が平和とか愛とか言うとものすごく説得力がありました。歌に、嘘がない。だから、彼の歌は人をものすごくひきつけるものがありました。

でもだからといって、清志郎が、人格者かというと、全然違います(笑)彼は自分にものすごく正直な生き方をした方だと。傷つくことを恐れたり、自分の心に嘘をついたりが、なかった人だと思います。
だから、彼の歌には、本物の凄みがありました。彼の歌詞は、生き方そのものでしたから。
その上での反戦なり愛だったりしたので、とても純粋なものとして、心に響きました。

彼は、おかしいことはおかしいとはっきり音楽で伝える人でした。音楽の力が社会に及ぼす影響力を最後まで信じた人でもあります。だから、権威に対してもはっきりおかしいと言って戦い続けた人でした。

普段歌を歌ってない時の彼は、非情に寡黙で、余計なことをしゃべらない人でしたが、とても柔らかくて、おちゃめな人だったと思います^^

沢山、ほんとうに沢山のものを彼から教わりましたし、勇気づけられました。少年のような心のキレイさと、人生を生きる達人の心を持ち合わせた、稀有な人でした。

自分をとても大切に生きた人で、それこそ内在神と共に生ききった人だと思います。ほんとうに見事でした。

数えきれない程のありがとうを彼に伝えたいです。清志郎、ほんとうにありがとう。愛してます。

・・・・・余談ですが、ご遺族様にと、スタッフの方へ、内在神への道をお渡ししました。

人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】







テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

2009/05/11 11:04 | つぶやきCOMMENT(12)  TOP

コメント

告別式

ニュースで告別式の模様が放映されていました。
どの人がFUYUさんだろうか~~と、見ていたのは、私だけでしょうか。

おつかれさまでしたね。

No:695 2009/05/11 17:14 | ミコト #- URL [ 編集 ]

ミコトさん

アハハ^^
多分映ってないです(笑)
マスコミから顔そらしながら歩いてました(笑)
ありがとうございます。

No:696 2009/05/11 17:48 | FUYU #- URL [ 編集 ]

No title

ワイドショーでやってましたね。
まあ、悩んでばかりいては
内在神が傷つきますよ~。

No:697 2009/05/11 22:21 | ASANORION #KfynOn.k URL編集 ]

No title

最近ご不在のようでしたので、どうされたのかと思っていました。
清志郎さんがデビューしたての頃?私は高校生だったような…数年前にテレビで見かけた時から、素敵な人だな~と思っていました。残念ですね…
FUYUさん、元気出して下さいね。

No:698 2009/05/11 22:40 | せいらん #- URL [ 編集 ]

No title

FUYUさん。
清志郎さんの告別式でお別れと感謝の気持ちを捧げて
来られたのですね。
FUYUさんがプレゼントなさった内在神への道を読んで
ご家族の方が少しでもこれから明るく前向きに人生を
歩んでいってくださるといいですね。

No:699 2009/05/11 23:13 | パオパオ #- URL編集 ]

私もいってきました

キヨシローは近所のお兄さん的存在でしたので
あんなにファンがいたなんて驚きの青山ロックンロールショーでした。
多摩蘭坂にもいっぱい献花がありましたよ。
青山葬儀所で黄色い薔薇を私も献花させていただきました。青春時代に捧げた気持ちでした。
遺作の「ラジオ」の曲、泣けました。
内在神を大事に育てた方でしたね。

No:700 2009/05/12 00:24 | 67 #- URL [ 編集 ]

ASANORIONさん

ありがとうございます。
でも、悩んでは、いないんです^^
自分の好きな方が、亡くなった悲しみは、ありますが
それよりも感謝の気持ちで、一杯なんですよ~

No:701 2009/05/12 00:35 | FUYU #- URL [ 編集 ]

せいらんさん

気にかけて頂いて、ありがとうございます!^^
けっこうへろへろでしたが、復活しました。
そうでしたか!高校生ですか~^^
本当に残念ですが、彼には、沢山支えて貰ったので
沢山ありがとうを言って来ました。

No:702 2009/05/12 00:41 | FUYU #- URL [ 編集 ]

パオパオさん

ありがとうございます。感謝とお別れを伝える事が
出来て、嬉しかったです。
せめてもの気持ちで、私が出来る事をさせて頂きました。^^

No:703 2009/05/12 00:49 | FUYU #- URL [ 編集 ]

67さん

ああ!そうですね^^67さんのお住まいだと
モロに^^
彼は、とてもとても愛された人ですね。
天からもとても愛されて、みんなより早く旅に出てしまった
のかなと思います。献花されたんですね。本当に、いいお式でしたね!

No:704 2009/05/12 01:42 | FUYU #- URL [ 編集 ]

No title

私迷ったのだけど告別式行かなかったのです。
なんとなく、行ってもな・・・という気持ちになっていたのですが、でもニュースを見て行けばよかったかなと思いました。
同世代も多い参列者の様子を見ていて、清志労の歌の魂を本当に理解して愛している人がこんなにいっぱいいたのかと感じ入りました。
骨壷・・・当たり前なのだけどショックなものですね。でも私も見てショックを受けたかったなと思いましたよ。
彼が死んだ今、同時代に生きたこと、FUYUさんの言う通り本当に人として嘘のない歌の心を、これから改めてビンビンに感じ取って生きていきたいです!

No:705 2009/05/12 20:19 | YAYO #- URL [ 編集 ]

YAYOさん

ヒロトの弔辞が、心に沁みました。
彼の歌の魂を、本当に愛している方達で、会場が埋め尽くされていました。スタッフの皆さんが着ているのは、ライブTシャツでした。
献花は、薔薇の花でした。花言葉は、心からの尊敬。
ギター、マイク、ホラ貝、オレンジ号、こたつ、ゼリーのヘルメット、ハタウサギ。そして大きな清志郎の笑顔。みんなで歌った雨上がり・・・。

彼と同じ時代に生きる事が出来て幸せでした。彼が残してくれた、沢山の歌の心を、私も忘れずに生きて行きたいです^^

No:706 2009/05/12 21:01 | FUYU #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。