スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

太陽の時代(追記あり)





この動画、読者のぴーこちゃんが教えてくれた動画です^^ぴーちゃん、ありがとう!!たしかに岩戸開きみたいに、見えます!加工してるわけではないと思いますが、凄いな・・・。

036987777777.jpg

上記の写真は、宇宙から見た皆既日食の写真ですが、日本上空を良く見ると鳳凰が羽を広げているように見えます^^ロシアのあたりに顔が右をむいて、北海道のあたりで左右に羽を広げて、本州四国あたりから尾羽が長く続いているように見えました。こじつけかしら~?(笑)


昨日の日食は、凄かったですね。東京は、特に暗くもならず、残念なことに曇っていたので見る事は出来ませんでしたが、職場のテレビでおもっいきり見てました(笑)

NHKを見ていたのですが、コメンテーターの方々のコメントが、太陽に生かされているんですねとか太陽のありがたさとか言っていて、思わず、伊勢白山道読んでるのかしら?とかモーソーしました^^

リーマンさんによると、いよいよ月の時代が終焉して太陽の時代になる象徴としての日食との事ですが、画面上まさにそのままが現れているなーと鳥肌モノでした。

月と太陽が重なった時、シリウスが画面左上に見えて、伊勢白山道の記事を思い出しました。
シリウスから、太陽の時代への交代が、画面上にそのまま顕れているように見えました^^

【シリウス=肉体が主役の時代。夜の太陽。
太陽=霊体が主役の時代。昼間の太陽。
このシリウスから太陽へのバトン交換がされるのが、今からの時代です。】

シリウス星の終焉

そして最後のダイヤモンドリングの六方星!うーんすごすぎる(笑)

太陽が顔を出した時、あけましておめでとうございますと言いたくなりました(笑)宮本亜門さんが、ゆく年来る年みたいと言っていて、面白かったです

いよいよ太陽の時代になり、自分自身後ろめたくないように明るい心でこれからも過ごしたいと思います。太陽に生かされていることを、心から感謝しながら。



人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

2009/07/23 09:59 | 太陽霊光COMMENT(19)  TOP

水谷豊さんライブ^^


Mizutani Yutaka(水谷 豊) - Daijoubu Da yo(大丈夫だよ)
Uploaded by utadalove. - Explore lifestyle, fashion, and DIY videos.


水谷豊 大丈夫だよ


19日に水谷豊さんのライブへ行ってきました。
小学生の時熱中時代で、ファンになり、しばらく離れていたんですが、相棒でまたファン熱が上がりました^^妹の高校の先輩で、北海道出身という事で(私の両親、親族は皆、北海道です。)、勝手に親近感がわいてます(笑)

なんといっても、ご本人の誠実で謙虚なお人柄に惹かれますね~^^豊さんは、別名人たらしと呼ばれる程、男性女性問わず好かれるという特技があるそうで 笑 それぐらい誠実な方だそうです。傷だらけの天使でショーケンさんが、誰の言うことも聞かなかったのに、豊さんの言葉だけは聞いたとか、松田勇作さんは、豊さんと初対面ですぐに気に入って、生涯の親友だったそうです。
なんといっても演技も上手いし!

歌に関しては、けしてお上手ではありませんが、さすが俳優さんですね。歌の情景描写と、感情表現が上手いので、とても良く歌が、伝わって来ます^^味がありますね。

23年前まで、豊さんは、歌手活動されていたのですが、活動休止していました。そして今回23年ぶりにコンサートツアーをされています。

私は東京公演の最終日に友人と行きましたが、いやーとっても盛り上がりました!良いライブでしたね~^^年齢層も幅広くて小学生から、おばあちゃんおじいちゃんまで 笑 男性女性半々ぐらいでした。前半は皆さん座って聞いていたんですが、後半立ち上がってまさにライブでした。トークでは、アキラや北野先生や右京さんを見ることが出来て(笑)大いに盛り上がって、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!
そういえば、宇崎竜童さん阿川泰子ご夫妻と、ノリタケご夫妻が来ていましたね~。

まだ、聞かれたことがない方、良かったら、一度豊さんの歌声を体験してみてください。癒されますよ~ 笑 あ、動画は、新曲でーす。


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ


テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2009/07/21 14:23 | つぶやきCOMMENT(12)  TOP

花火大会



昨日、友人と東京都調布市花火大会へ、行って来ました。
動画は、私が携帯で撮ったもので、思いっきり私の声と友人の声が、入りまくり(笑)

もの凄い人でしたが、早くに行って席を取っておいたので、とても楽しく見る事が、出来ました^^

帰りが、駅に向かう人の大渋滞で、2時間ぐらいお茶して帰りました。
家についたのが、なんと午前様でした~!ああ、楽しかった

人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2009/07/19 03:32 | つぶやきCOMMENT(11)  TOP

残留農薬と肥料

今年からの食材に使われる農薬と肥料に劇薬を混ぜているとのリーマンさんのコメント。

しかも昨日のコメント・・・・。

【Unknown (伊勢白山道リーマン)

2009-07-15 17:18:30

・・・とても深刻な問題があります。
来年から、肛門から不正出血する病気が発生するかも知れません。農薬・肥料の成分により腸の内壁から出血するのです。 】

困ったなぁー!もう。人口を減らしたい連中が居るとの事ですが、そんなにまでして、自分達だけが、助かりたいのね。呆れて開いた口がふさがらないよ・・・。

で、困ったばかりは言っていられないので、防御方法を自分なりに調べました。玄米に関しては、
わたしは、自然食品の店で、無農薬、無肥料、不耕作栽培の玄米を食べています。野菜に関してはスーパーで買うことが多かったので、困りましたが、アンチエイジングの鬼というブログで、残留農薬を落とす方法が、載っています。

作物にかける農薬は、野菜によっても違いますが、60回ぐらいは、かけているそうですね・・・。(汗

まず、重曹につける方法。

重曹を小さじ2杯、ボウルに張った水に入れ、そこに野菜を10秒~20秒つける。
そのあと流水でとにかくよく洗い流す事。詳しくはこちら。

元記事

貝殻焼成カルシウムにつける。15分後には99.99%以上の残留農薬を落としてくれるそうです。

http://item.rakuten.co.jp/kekshop/mgna_100/

元記事

私は、この貝殻焼成カルシウムにつける方法で、農薬を落としてみようと思います。

あとは、無農薬、無肥料、自然不耕作栽培の野菜、米などの通販サイトも貼っておきますね。

そら

マネーの問題もあるので、自分に出来る事をやって行きます。あとは、やはりお湯の大量飲料ですね!

問題は、わが家の猫様たちなんだけど・・・・、キャットフードのお肉やら、小麦やらには、残留農薬が山盛りなんだろうなと思います。お湯飲めないし・・・(泣 高いご飯も限度があるし・・・。
なるべく気をつけて買っているんですが、しばらくはキャットフード放浪の旅になりそうです(泣


人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ

テーマ : いいもの見つけた! - ジャンル : 日記

2009/07/16 13:18 | 農薬COMMENT(15)  TOP

もののけ姫




もののけ姫です。youtubeだと日本版がないので、中国の字幕は気にしないでね(笑)

大好きな映画です。宮崎監督は、自分では何を描きたかったか良く判らないとおっしゃっていますね(笑)

アシタカは、大和政権の(天津神系)坂上田村麻呂が滅ぼした蝦夷の王のアルテイの子孫として描かれています。いわゆる国津神系ですね。

サンは、山の神々を守るやはり国津神系として描かれています。サンを育てた山犬は、私達が考える犬では、ありません。山犬とは、古代の眷属神でありオオカミの事です。予断ですが、白山信仰の中にもオオカミ信仰がありますし、オオカミを手厚く信仰したのは、秦氏との記載が日本書紀にあります。

そして、シシ神(ダイダラボッチ)は、 意宇の民話、八束水臣津野命が足を切られ大暴れしてしまう熊野大社(意宇六社)の建立にまつわる話がモデルだとの事です。八束水臣津野命は、スサノオノミコトの孫です。

エボシ御前ですが、日本へタタラを持ち込んだのは、秦氏だと言われています。・・・映画のエボシ御前は、人間だけが豊かに暮らせる国を作りたい女性に描かれていますね。

人々が、神々への感謝を忘れ、エボシ御前の様に、人間の欲とエゴで破壊を始めたとき、神々は祟り神になる・・・・・。現代の私達がエボシ御前なのだと、この映画は、訴えます。
神々を殺し、自然破破壊をして来た結果、現代の祟り神は、伊勢白山道でいう、脱走眷属が新興宗教をつくり、有料ヒーラーや霊能者に憑依する事で、恨みを晴らしているのかも知れません。

神々を殺し、自然を破壊して世には恨みと憎しみで溢れてしまいました。アシタカが怒りに打ち震えた時に黒い蛇の様なものが、アシタカの腕から出ますが、宮崎監督は、実際に人が怒ったりしている時に、その人の周りから映像と同じ黒い蛇の様なものが、出るのが見えるそうです。
アシタカは、エボシとサンに向かって言います。

「そなたの中には夜叉がいる。この娘の中にもだ。みんな見ろ。これが身の内に巣くう憎しみと恨みの姿だ…肉をくさらせ死を呼びよせる呪いだ!これ以上憎しみに身をゆだねるな!」


人間だけの幸せを考えるエボシと、神々を敬い自然への感謝と共に生きている古き民の生き残りアシタカ。そして神々に育てられたサン。

アシタカが、タタラ場で、エボシ達やサンと共に生きると言った時、まるで天津神と国津神の融合みたいだなとモーソー(笑)しました。
…モーソーついでにアシタカは、リーマンさんみたいだなあとも(笑)…すみません(汗

リーマンさんが、書いていたこの言葉
【人類の世界平和は、過去の先祖や生き物達の犠牲をアタリマエとして無視している限りは絶対に来ません。】

・・・・・・・・もののけ姫のメッセージが、被りました。

とても良い作品だと思います。まだ見ていない方は、是非見てみて下さいね^^


「もう殺してしまったのです。神様を。森の奥に住んでいる神様を日本人は殺してしまった。でも殺してしまったことは、忘れない方がよいと思っています。

そのおかげで、僕らが物質的には苦労しないで、毎日、「またほか弁だな」「またコンビニ弁当だな」と思いつつも喰えるようになった。文明とは、そういうものです。

神がいましたら、やっぱり、その富を奪うことはできないから、人間は、もっと貧乏だったはずです。文明というのは、人類が自然からの収奪によって、成立しているのですから。文明を全否定したいとは、思わないです。

僕も池に入ると、「とんぼやめだかの数が増えたぞ、減ったぞ」と言って喜んでいます。だから、チリメンジャコを一握み喰いながら、これらを育てるのに自然はどれほどの労力を払っているのかとおもうと、「罪深い事だなぁ」と一瞬おもう。でも「おいしいなぁ」と食べる。そういう矛盾した存在でもあるの
です。人間は。

だから、しようがない。しようがないから、儲かればほかの生き物の方にもまわそうよ、とおもう。
全部譲り渡す気は起こらないけど。

この十数年、とにかく色々と作品を作ってきて、この大きな転換点にきているのに、「自然に優しいジブリ」で終りたくなかったのです。
だから、自然と人間との関わり合いをもっと突き詰めて追求して行く。すると、人間のやってきた事の業というか、文明の本質にある攻撃性とかが見えてくる。散々、相手を痛めつけて、おとなしくさせてしまってから、「周りに残った者に優しくしよう」と言っているに過ぎないんです。文明の本質みたいなことをちゃんと描かないで、「優しくする人、よい人」「優しくない人、悪い人」という考え方で切り捨てていくのは、間違いだと思います。

優しかろうが、優しくなかろうが、人間は自然に対して極めて凶暴に振る舞ってきたんです。
それで、自分達が選ばれた者であるとか、この人類が一番高等な生き物であるとか言い出す。ある時には、人類の中のある部分が、一番高等だと順番をつけたがる。今また、「優しくする人、よい人」「優しくない人、悪い人」という判断の単純化が進んでいる。そんなものではないんです。よいとか悪いとかではなくて。

こういう人間の本質みたいなものを据えた、自然と人間との関わり合いを描く映画を作りたいと思っています。それはメッセージというものでもなく、自分自身に回答が出ていないから、甚だ迷走しながら映画を作ったんです。
この映画は、「悪い人間が森を焼き払うから正しい人がそれを止めた」という映画ではないのです。
よい人間が森を焼き払う。それをどう受けとめるかなんです。ハイチのように、実際にそういう状況があります。自分の横にいる子供を飢えさせないために、木を伐るのですよ。貧乏で石油ストーブもないし、電熱器もないから、炭がいるのです。
そのために、木を伐って全土が丸坊主になり、さらに漁業もだめになる。何とかしないとハイチは滅びます。軍事独裁政権が悪いとか民主主義がいいとか言ってもだめなんです。


(『「もののけ姫」を読み解く』より)宮崎 駿さん

人類の5%運動広げたいです。ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ






テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2009/07/14 11:47 | つぶやきCOMMENT(14)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。